製品情報

社員のメンタルケアのための“健康オフィス”を実現する、サーカディアンリズム(体内時計)を取り入れた、光を科学する照明 ラヴィゴ

生体リズムに合わせ太陽光の変化をシミュレーションし色も変わるサーカディアンリズム機能や人の動きに合わせて機器同調する 通信機能を備えたビジュアル・タイミングライトがLAVIGO(ラヴィゴ) です。

光は私たちの体内時計を司る重要なホルモンの代謝プロセスに影響するなど、私たちの健康維持のために重要な役割を与えてくれ、結果私たちの生活にリズムを与えます。しかし現代社会では職場など屋内での生活がメインとなり、自然光下での生活が困難な状態といえます。ラヴィゴはWALDMANNのヒューマンセントリック照明と呼ばれるビジュアル・タイミングライト(VTL)システムを採用しており、自然光が不足している現代社会の中であっても、 人々の生活に、いつでも適切なリズムとホルモンバランスの回復を促し、自然光の効果を再現することで外的ストレスの軽減が期待されます。

光の脅威 サーカディアンリズムと疾病リスク

サーカディアンリズムとは

交感神人間は太陽の光の色、強さを視覚で認識し、 脳内でホルモンを分泌させ正常な生態リズムを維持しています。この視覚で認識する部位が2001年に発見され、生態リズムに対する関心が深まりました。 このリズム(太陽光、生態リズム)をサーカディアンリズムと呼びます。

人間の体内リズムは25時間で、毎朝青白い強い光を浴びることで、1時間の位相をリセットし、24時間のサーカディアンリズムに調整されていることは医学的に証明されています。

慢性的時差ぼけによる病気のリスク

現代社会においては、屋内やオフィスで一日を過ごすスタイルが一般的で、朝の光は少なく、むしろ夜の光が強いものになっています。 その結果、知らず知らずのうちに体内リズムの調整が困難になり、血圧、脈拍、体温に少しずつ異常が認められる場合があります。

恒常的にリズムが狂ってしまうと、循環器系、臓器等の疾病を誘発してしまうこともあります。慢性的時差ぼけによる病気のリスクは年々高まっています。

サーカディアンリズムの乱れによる疾病のリスク

  • ストレス
    体調悪化、不眠、疾病
  • 皮膚がん
    皮膚のDNA回復能力が
    低い時間の位相がずれる
  • 不眠
    現代型不眠 → 夜型リズム
  • 動脈硬化
    糖尿病、高血圧症の影響
  • 2型糖尿病
    糖を分解する
    インスリンの量が減少
  • うつ病
    適正なメラトニン効果が立証

製品情報

生体リズムに合わせ太陽光の変化をシミュレーションし色も変わるサーカディアンリズム機能や人の動きに合わせて機器同調する 通信機能を備えたビジュアル・タイミングライトがWALDMANN LAVIGO(ラヴィゴ) です。シンプルでおしゃれなデザインとストレスチェックに対応する高い機能が話題を呼び、 多くの有名企業での採用が続く世界が認めるLEDフロアスタンドライトです。

直線で構成されたシンプルな
無駄のないデザイン

上下に発光するライト部分は、上部が天井や壁面を照らす間接照明、下部がデスクや手元を照らす直接照明です。 これまでのフロアスタンドライトにみられる局所的な点灯感はなく空間全体で明るさを表現します。

間接・直接照明ともに
切り替え・調光が可能

操作スイッチは本体に埋め込み、余分な凹凸を取り除き、すっきりしたデザイン。無段階で調光ができるため、デザインと相まって存在を主張することなく光で空間を演出しながら外的ストレスを最小限できます。

間接照明側を
ハイパワーに設計

出力タイプは49W・75W・109Wの3モデルがあります。
いずれも高効率なLEDを採用し、100ルーメン/Wを達成しました。間接照明側の出力を重視して、目に優しい空間を作り上げます。

太陽のリズムに
リンクする照明

PULSE-VTLを搭載したモデルは太陽光の変化をシミュレーションし、 照射空間内でのホルモンバランスをコントロールすることでストレスの解消が期待できます。ドイツ・ミュンヘン大学と共同研究・開発した機能です。

LAVIGO(ラヴィゴ)設置イメージ

サーカディアンリズムを搭載した
Waldmann LAVIGO(ラヴィゴ)の
1日の変化

PULSE VTLは、色温度や照度を適切に調整し、自然光に近づけるよう一日をかけてシミュレートします。生物学的に有効な照明器具として、自然な形で生体リズムをサポートします。

目を覚まし、パワーアップする力強い青白光

ストレスホルモンであるコルチゾールは午前中に体内で生産されます。午前中に浴びる日光は、睡眠ホルモンのメラトニンを抑制し、体内に代謝や日中活動への刺激を与えます。

PULSE VTLは、調光、高照度で日光をシュミレートして体に刺激を与え営業開始時のストレスホルモンであるコルチゾールの活動をサポートします。

ウォームアップ後の最大パフォーマンスを維持する光

コルチゾールのレベルは、一日の経過とともに減少します。正午頃はまだ良好なパフォーマンスレベルに維持されています。

PULSE VTLは、主に調光でコルチゾールを活性化させ供給し続けることを意味します。

夕方

メラトニン効果で仕事のストレスをリリースする光

体内でのコルチゾールの生産はすでにアクティブな段階が過ぎ終わりに向かい、午後にはかなり鈍化します。睡眠ホルモンの生産は、この時点ではまだ好ましくありません。

PULSE VTLは、中性混合光でこの遷移過程をサポートしています。時間の経過とともに照度が低減されます。

メラトニン効果を最大限引き出し、1 日の休息へ導く光

疲れが作る睡眠ホルモンメラトニンが身体機能を遅くし体内活性を低下させます。一日を通して体に太陽光を浴びていた場合、夜間のメラトニンレベルは高いままになります。

休息感が得られ、よく眠れるため、翌日はアクティブで生産的な状態になることができます。

PULSE VTLは、低減輝度とリラックスした温かみのある色調光を通じてニュートラルへの移行をサポートしています。

朝の光を浴びることで、体内時計のリズムを正常に戻すと言われています。近年、このメカニズムが「コルチゾール」「メラトニン」というホルモンの働きによるものだと明らかになりました。 この2つのホルモンを自然な状態で働かせることが、本来の人間の正常なバイオリズムだと言えるでしょう。

コルチゾール コルチゾールの分泌量は、朝、起床したときが最も多く、午後から夜にかけては徐々に減っていきます。また過度なストレスや、 深夜まで光を浴び続けることで分泌量が増加するので、ストレスホルモンとも呼ばれています。
メラトニン メラトニンの分泌は主に光によって調節されています。朝、光を浴びると、脳にある体内時計がリセットされて活動状態に導かれます。 また夜は徐々に分泌が高まり、その作用で休息に適した状態になり眠気を感じるようになることから睡眠ホルモンとも呼ばれています。また抗酸化作用によって疲れを軽減する効果を持つと考えられています。

太陽光による人体のホルモン量変化

詳しく見る     OPEN 

オフィス空間をWaldmannライトマネージメントシステムでインテリジェント化

「LAVIGO(ラヴィゴ)」が採用するLEDは高効率ですが、オプション機器追加で、バルトマンのライトマネージメントシステムと併用することで更なる節電が可能です。 オフィス空間をインテリジェント化できる照明といえます。

  • 太陽のリズムにリンクする PULSE-VTLは太陽光の変化をシミュレーションし、オフィス内でホルモンバランスコントロールします。
  • 孤独感にさようなら PULSE-TALKはラヴィゴ同士が通信して一人ぼっちのデスクを明るくします。人の動きに合わせ、 通信して独立した場所の孤独感を無くします。
  • 人の気配を見逃しません PULSE-HMFDセンサーシステムは人の微細な動きも検知、反応します。外光のレベルも検知し、照度を自動調光し節電します。
  • エリア内で賢く反応 PULSE-PIRセンサーは限定エリアに反応します。デイライトにより自動ON-OFF。

太陽のリズムにリンクする

体内時計は脈拍、血圧等、体のコンディションを司ります。そのリズムは太陽光の一日の変化に伴っています。PULSE-VTLは太陽光の変化をシミュレーションし、オフィス内でホルモンバランスコントロールします。

PULSE-VTL

  • モダンなオフィスにバイオダイナミックな照明
  • 10年を超える医療用照明で築いた経験
  • 効果のある自然な光をオフィスへ
  • 自然光を時間に沿ってシミュレート
  • PULSE-TALK、PULSE-HFMDと併用

孤独感にさようなら

PULSE-TALKはLAVIGO(ラヴィゴ)同士が通信して一人ぼっちの島(デスク)を明るくします。人の動きに合わせ、 LAVIGO(ラヴィゴ)間が通信して独立した島の孤独感を無くします。その結果、グループの照明ハーモニーが確立され異空間を作り上げます。

PULSE TALK

  • 革新的なワイヤレスモジュール
  • 照明同士が通信
  • 孤独感をなくす相互通信
  • オフィス空間を最適化
  • PULSE-VTL、PULSE-HFMDと併用

人の気配を見逃しません

人の気配を見逃さない超高感度なPULSE-HMFDセンサーシステムは微細な動きも検知、反応します。外光(太陽光等)のレベルも検知し、適切な照度を自動調光し節電します。

PULSE HFMD

  • 人感センサー、デイライトセンサー
  • 微細な動きもキャッチ
  • デイライトによる自動調光
  • 自然光を時間に沿ってシミュレート
  • PULSE-TALK、PULSE-VTLと併用

エリア内で賢く反応

PULSE-PIRセンサーは限定エリアに反応します。デイライトにより自動ON-OFF。

PULSE TALK

  • クラッシックな人感、デイライトセンサー
  • 人感、外部照度で自動ON
  • PULSE-TALKと併用
詳しく見る     OPEN 

お問い合わせ

※必須項目