健康宣言

「ファーストステージ健康宣言」を策定

~一人ひとりの健康が明日の会社を強くする~

株式会社ファーストステージ(本社:神奈川県横浜市 代表取締役 砂田 剛)は、社員の健康増進を経営課題の軸として、今後さらに健康増進活動を推進していくために、「ファーストステージ健康宣言」を策定しました。従業員一人ひとりの健康意識向上のために組織が一丸となり取組んでいきます。

健康増進のテーマ

健康への取組みが、一人ひとりの、それぞれのチームの、そして会社全体の活力となるよう、下記3点を健康増進のテーマとして活動していきます。

  1. 1.一人ひとりの健康状態の見える化と、最適な健康活動の取組み
    個人個人の健康への取組みの課題や目標設定を行うために、ヘルスケアチェックデバイスを活用した健康度の見える化や、健康診断時の保健指導など病気予防に重点を置いた活動を行います。
  2. 2.チームにおける健康意識の醸成と取組み
    経営者自らが「健康アクションプラン」を作成します。職場の仲間と活動することで、コミュニケーションを活性化し、職場の健康レベル向上を目指します。
  3. 3.経営者を先導者として、会社全体の健康経営への取組み
    全国保険協会神奈川支部と連携し、喫煙対策、メタボリックシンドローム対策、メンタルヘルスケアなどの施策に引き続き取り組んでいきます。また、年齢や性別、国籍を問わずすべての社員がより働きやすい制度の導入や、働き方変革の施策など、元気な職場環境づくりに努めます。

ファーストステージ健康宣言

ファーストステージは、従業員一人ひとりが心身ともに健康で、個人のスキルや個性を十分に発揮できる組織環境であることが、内外双方から魅力的な会社となり、持続可能な企業の経営と成長に繋がると考えます。健康経営を提案する私どもは、自らが健康なココロとカラダであることが最低限の使命であり、これからも率先して健康に対する活動を積極的に進め、また先進的な取り組みを進めてまいります。そして、年齢や性別に制限をもたず、情熱をもってイキイキとした人生を送ることのできる基盤としての会社づくりに努めることを宣言いたします。

かながわ健康企業宣言証

2017年4月13日

株式会社ファーストステージ
代表取締役 砂田 剛

お問い合わせ

※必須項目